忍者ブログ
[1189] [1188] [1187] [1183] [1182] [1181] [1180] [1179] [1178] [1177] [1176]

DATE : 2018/12/18 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2012/09/10 (Mon)
クラヴィス破綻…SMBCグループに火の粉? 管財人が訴訟示唆

過払い金の返還請求が相次ぎ、自己破産した消費者金融のクラヴィス(大阪市都島区)。判明している利息の払い過ぎによる過払い金請求権は約2378億円で、債権者は約35万人。債権者の返済に充てる原資がほとんどなく、管財人は親会社だったプロミス(現SMBCコンシューマーファイナンス)を相手取る訴訟を示唆しており、破綻の影響がメガ金融グループに波及する可能性が出てきた。

___________________________

なんと言うか・・・意地汚い。

まるで、サバンナのハイエナですね、
骨の髄までむしゃぶりつくす。

自分の意思で契約書にサインしたこと
なんて知らん振り・・・。

きちんと金利も記載されていたよね。
暴利?借りたお金を何に使ったの???

金利よりも得たものあったんじゃない?
それとも、ただただ無駄に使った?

いいかげんに、漁るの止めれば。
恥ずかしくないのかね。

とても建設的な経済活動とは思えん。
全く持って、国益に寄与していない。


いつまでも過払い金バブルに群がる
司法書士・弁護士さん。

浮かれていると、痛い目にあいますよ。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: NONAME
管財人の職責でやる本件とバブルは意義が違うと思いますが。
2012/09/11(Tue)14:42:53 編集
★NONAMEさん
NAME: kilin
仰るとおり、管財人は管財人としての報酬がしっかり得られるので、過払い金バブルは関係ないですね。反省。
URL 2012/09/11(Tue)22:24:49 編集
★無題
NAME: 三好
管財人の職責でも、破産手続きで回収した金銭は、ことごとく管財人が自分の手数料に充てて囲いこんでるので過払いバブル同様に儲けている。裁判所で行われる、公開の破産事件終結報告をみてるとみんなそうです。破産債権で届け出た債権者には殆ど配当されないのが現実。

私からみれば、職責で扱う破産事件でも、過払いバブルと同じように見えますがね。手数料をきちっと決めて、仕事任さんと弁護士なんて取り放題ですわ。過払い金バブルで弁護士・司法書士の質が低下したのは明らかで、弁護士会は新司法試験で法曹数の増加に質の低下を理由に挙げる前に現状法曹の質の低下を直視し耗省すべきだとおもいますよ。
2013/01/21(Mon)11:18:40 編集
★無題
NAME: 三好
宇都宮弁護士、都知事選立候補自体が法曹の質低下ですわ。思い違いと思い上がりの両方を備えた、自己錯覚の醜態ですわ。
落ちて当然。
2013/01/21(Mon)11:26:33 編集
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア