忍者ブログ
[489] [488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481] [480] [479]

DATE : 2018/09/25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/02/24 (Tue)
2chでも大島健伸会長の経歴について、いろいろな話が出ているけど、データマックスの記事が正確なとこだね。正しい情報はきちんと記憶しましょう!

_____________

独立系ノンバンクにショック、SFCGが破たん

大島健伸氏は、異色な経歴の持ち主だ。




 1948年2月、大阪府生まれ。70年、慶応大学商学部を首席で卒業、三井物産に入社。電気機械部に配属され、海外研修の社内留学生に選ばれたが、上司に楯突いたのが災いして、行き先はインドネシアのジャカルタ支店。何事も儲けのネタにする彼は、会社の金で大きな家をリースで借り、これを又貸しして、インドネシアを離れるまでの3年間に1,000万円以上を懐にしたという。発覚すれば、懲戒解雇になる行為だ。

 父親の大島正義氏は、戦後、大阪から上京。下町で喫茶店などの水商売を手広く営んだ。役所広司・草刈民代主演の映画「Shall we ダンス?」のモデルとなった「ダンスホール新世紀」も経営していた。

 商売人の家庭で育った大島氏は独立志向が強く、77年に三井物産を退社。父と同じ商売をする気がなかった大島氏が選択したのが、大手企業が進出しない金融業。サラ金(消費者金融)やマチ金(手形割引)は群雄割拠状態だったため、そのすき間になっていた零細事業者向け金融の商工ローンに目を向けた。

 当時、商工ローンで急成長していた京都の日栄で金融業を修業。79年2月に、商工ファンドを創業した。現在のSFCGである。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア