忍者ブログ
[566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [556]

DATE : 2020/02/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/06/02 (Tue)
msn産経ニュースなんですが・・・
________________________________________________

【暮らしに役立つ 法律豆知識】消費者金融への返済

 Q 消費者金融から借金の返済を迫られています。でも、最近勤務先の業績が悪化したため、給料も減ってしまい、これまでのようには返済できません。返済期日には電話がかかってくるので、仕事が手につかず、会社にも迷惑がかかっています。どうしたらいいでしょうか。

 A まず法律で定められた金利で計算し直し、支払うべき金額を確定する必要があります。払い過ぎている部分は返還請求できます。法律上正当な金額でも返済できないときは、「債務整理」を行う必要があります。

________________________________________________

いやいやいや、なんかそれって違うでしょ。

諸般の事情があって返済が難しいのであれば、
まずは借りている消費者金融に相談してみよう

利息の猶予とか、減額とか、免除とか、
現状をふまえて対応してくれると思うよ。

それをさぁ・・・

いきなり過払い請求って無いよね・・・。
しかも次の手段が債務整理って、完全なミスリード。

だから法曹関係は嫌われるんだよ。

債務者はあくまでもお客さん
過払い債権保有者は金のなる木って扱い。

本当に債務者の事を思うなら、
過払い金全額返してやれよ!

報酬なんて実費のみ。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: にこぶん
管理人さんのおっしゃる通り。
最近の、法律家の過払い報酬ビジネスは何とも呆れますが、そのお返しとして将来的に、こうした法律家たちには銀行及びその子会社の信販・貸金業会社は毅然として法律相談や弁護依頼、不動産登記事務の一切の仕事を回さないでおきましょう。
もう、そんな法律家の仕事除外リスト、PCに作成してるかも。
2009/06/03(Wed)12:55:45 編集
★にこぶんさん
NAME: kilin
過払いビジネスに精を出している弁護士司法書士リストは、既に多くの貸金業者が作成しているでしょう。まぁ言い換えれば“ブラックリスト”ですね。
全貸金業者で情報共有できたらいいのになぁ…。
URL 2009/06/03(Wed)23:10:36 編集
★無題
NAME: ジョー
ずいぶんと楽な商売ですね。
多重債務と聞けば=過払い返還で決着。
後の事なんぞ何も考えてませんね。
最悪は、破産しなさい?とでも...
URL 2009/06/04(Thu)14:09:57 編集
★ジョーさん
NAME: kilin
本当の意味で多重債務者を救済すると言うのなら、借金を帳消しにした後も適切なカウンセリングを行い、決して再度多重債務者にならないように、教育指導を行うべきです。
でもそんなの関係ねぇ、って言うんでしょ?
URL 2009/06/04(Thu)23:52:41 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア