忍者ブログ
[193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183]

DATE : 2020/02/29 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/11/29 (Thu)
貸金業blogネタ多数←情報収集はコチラ 

金の切れ目が縁の切れ目とは
よく言ったものである。

香川の事件、幼い2つの命を奪った容疑者には、
当然、自らの命を以って償ってもらいたい。

それでも1つ分足りないが・・・



1つ分?2つじゃないのかと思われるだろう。

私は1つ分だと思っている。
婆さんの分は、容疑者の奥さんの分でチャラだ。

新聞・報道・ネットからの情報だけなんで、
本質はまだ読み切れないが、

少なくとも、婆さんは容疑者の妻から多額の借金をし、
妻は病気になりながらも働き続け、逝ってしまった様だ。

容疑者が婆さんを恨む気持ちがわからんでもない。

貸金業者との金銭貸借はビジネスであり、法の枠組みの中で
全てがはじまり、そして完結する。

しかし、身内や友人・知人などからの借入は、
法の枠を超え、義理人情・仁義の世界になる。

容疑者は妻にたかり、自分たち家族の人生を
狂わせた婆さんがさぞかし憎かったのだろう…

貸金業法改正により、貸金業者は今までのように貸せなくなった。

常識的な行動が取れない自分勝手な多重債務者は、
ヤミ金にいったり、身内・友人から借金しようとする。

そして当然、返さない=恨みを買う。

今後は同様の事件が、爆発的に増えるといえる。
更に何故貸さない!と逆恨みし、事件を起こす輩もでるだろう。

貸すも親切、貸さぬも親切、どちらにしても怨恨が残る。

必要な事は、業法改正により貸金業者を押さえつける事ではなく、
自己の責任を理解し、誠実な対応がとれる人格を形成する事!

多重債務者を救済?する前に、自己の反省を促し、二度と同じ
過ちを繰り返さないと誓えるもののみ、手を差し伸べればよい。

法を守らない、仁義を守らない、
社会の和を乱す者は、即刻退場していただきたい。


貸金業blogネタ多数←応援クリック!
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: NONAME
平和ボケした日本だから言える言葉(笑)

諸外国じゃ、
返せない奴に、貸出した馬鹿が悪いが当たり前から。
2007/12/08(Sat)00:46:43 編集
★無題
NAME: kilin
NONAMEさん>コメントありがとうございます。
そうですか、諸外国は大変ですね。法を破って当たり前という事ですね。

ちなみにドコの国か、教えて頂けないでしょうか?
2007/12/11(Tue)12:43:08 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア