忍者ブログ
[232] [231] [230] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221]

DATE : 2020/02/18 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/02/05 (Tue)
貸金業blogネタ多数←情報収集はコチラ

なぜ、ホテル側は裁判所の判決を無視したのか。

日経新聞の社説では、
「司法判断を公然と無視する一流ホテルがあるとは、あきれてしまう」「私企業とはいえ公的な性格を持つ大規模ホテルがこの対応では情けない」
とホテル側の対応を非難しているが、
私から見れば、裁判所の判決が不当だと思う。

通常、法治国家であるこの国の住人は、
法の下に平等であり、法に従い生きている。

そんなことは、誰だって承知のことで、
それにも関わらず裁判所の命を無視するという事は、
ホテル側もそれほどの事だという事だ。

当然だ、誰が右翼の集まるホテルなんかに
好んで宿泊するものか!ゆっくりも出来ない!
そんなところに出くわしたら、
二度とそんなホテルに泊まるか!

当然の顧客心理である(異論ありますか?)

日教組側は、警察に警備を依頼している。
裁判所は、警察と十分な打ち合わせをすることで、
混乱は防げるといっているが、
まるで、「ヤミ金の対応」と一緒だ。

結局は他人任せ、もし何とかならんかったら、
裁判所が責任を持つんかい?損害賠償払うのか!

法治国家は法が優先される。

しかし、法(司法)が狂っている場合は、
法に背いても私はいいと思う。

いや、ホテルの対応は許せないって人、います?


このブログは何位?←応援クリック!
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア