忍者ブログ
[850] [849] [848] [847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840]

DATE : 2020/02/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/10/06 (Wed)
「貸金特区」実施は困難=自見金融相

 自見庄三郎金融担当相は5日の閣議後の記者会見で、大阪府が国に提案している「小規模金融構造改革特区」について、「特定の地域のみを対象とした実施は公正でなく、困難」との見解を改めて示した。
 大阪府は、6月の改正貸金業法の完全施行で引き下げられた出資法の上限金利について、短期のつなぎ資金などは元の水準に戻す特区を申請。国がいったん「困難」と回答した後も再検討を求めている。(2010/10/05-13:22)


http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010100500387
__________________

まぁそうでしょうね、、、そりゃ仕方ないか。

貸金業法も施行されたばかりだし、
少なくとももう少し様子を見て、
そして状況を分析して、
結果的に貸金業法が間違いであったと、
そうみんなが思えるようになったら、
そのときこそ、特区なり法律改正なり、
次の行動を移す時期だろう。

いつになることやら・・・

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: tomo
業界最大手の業者が事実上倒産する時点でおかしな法律なのは明白だと思う。おまけに、借入ができなくなり資金繰りが悪化した企業のために公的融資を拡充するとか。結局規制強化の尻拭いは納税者がさせられるわけで、やはり規制強化は間違いでした。

民間でできることは民間で、の理念に従って貸金業法を緩和すべきです。
2010/10/07(Thu)00:52:42 編集
★無題
NAME: 元街金業者
貸金業法を緩和すべきです。
利息も少額融資は日歩10銭程度まで緩和して 正規業者を業界に呼び戻せば ヤミ金は市場を失い自然と姿を消します。
当り前の金融理論を理解でき 
柔軟な対応ができる代議士がいない。己の保身しか興味がない、国民の不幸です。

2010/10/07(Thu)23:42:05 編集
★tomoさん、元貸金業者さん
NAME: kilin
貸金業法の改正は間違いであった。これは間違いないでしょう。それと同時に、貸金業界もおごり、自浄能力がなかった点も反省すべきです。現業者は反省の元に真摯に業務に勤しみ、債務者から信頼を取り戻すべきです。
URL 2010/10/08(Fri)22:50:14 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア