忍者ブログ
[831] [830] [828] [827] [826] [825] [824] [823] [822] [821] [820]

DATE : 2020/02/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/08/24 (Tue)
法改正で貸金業者が急減 '10/8/23

 業者への規制強化などを含む改正貸金業法が6月に完全施行され、中国地方の貸金業者が減少している。7月末時点の業者数は150社で、3月末からの4カ月間で3割近く減った。業者に求められる純資産額の引き上げや、貸付額を制限する総量規制などにより、街の小規模な貸金業者が急速に姿を消している。

(略)

広島県内の業界関係者は「コストとリスクを考えると経営できないという声が小規模業者から相次いでいる」と明かす。日本貸金業協会(東京)も「規模が小さい業者ほど事業を続けるのが難しく、完全施行前から経営悪化を見越して廃業が増えた」としている。


http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008230019.html
______________________

そりゃそうでしょうね。

リスクは相変わらずなのに、
収入は大幅に減少。

こんな割に合わない商売、誰が続けます?

まぁ大手(といっても2社限定)はいいよ。
そこまでリスキーじゃないからね。

そこから下はもう無理でしょ、、、

島根県知事登録は2社、
鳥取県知事登録は3社ですか。

なんかもう、知事登録っていらないんじゃ?
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 元街金業者
そりゃそうでしょうよ
業界から失業して第三者の目で見たとき
如何に資金効率の悪い商売をして来たか気が付きました。
社会から敵のように言われて 借りている顧客は 負い目があるため公然とは声を上げる事はしませんし。。
儲けが微々たる割には精神的な負担が大きく・・ボランティアか・・かと思える程に阿保らしい商売でした。
顧客個人からは感謝の言葉を言われ励みにはなりましたが。自称、人権擁護派(実は儲け主義)の弁護士に嫌気が差し 早い時期から廃業したくてしょうがなかったな~
2010/08/27(Fri)23:15:46 編集
★元街金業者さん
NAME: kilin
そうなんですよねぇ、実際の貸金業者は結構“慈善事業”に近いんですよね!
お金に困っている見ず知らずの人に、手持ちのお金を貸してあげる。これって相当大変なことだって、もう少し理解してもらってもいいような気がします。
貸金業者=悪、、、時代錯誤もいいとこです。
URL 2010/08/28(Sat)01:41:06 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア