忍者ブログ
[1101] [1100] [1099] [1098] [1097] [1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091]

DATE : 2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2012/02/02 (Thu)
丸善商事:違法貸し付け 原告に1750万円支払い和解--地裁葛城支部 /奈良

 葛城市の貸金業「丸善商事」(廃業)が超高金利で違法に金を貸し付けたとして、借り主ら40人が、経営者ら3人に計約4200万円の損害賠償を求めた訴訟は1日、奈良地裁葛城支部(沖敦子裁判官)で、被告側が原告36人に約1750万円を支払うことで和解が成立した。原告弁護団が明らかにしたもので、残りの原告4人はすでに和解が成立しており、これで全原告が和解したとしている。【岡奈津希】


毎日新聞
==================

このニュースを見たときに、

経営者に損害賠償責任がおよぶ???

と考えてしまいましたが、

なんてことはない、

被告の丸善商事は個人のクソ業者じゃん。

詳しくは別記記事を参照ね。


だから勘違いしないでしょう。

この裁判と武富士創業者一族への裁判は

全く異質なものであると。


勘違いするなよ・・・




サルベージ!

========================================

【ニュース】丸善商事:違法貸し付け 対策弁護団、賠償求め提訴へ--大和高田で説明会

2009.09.23
 ◇「被害者は団結を」

 葛城市の貸金業「丸善商事」が、生活保護や年金の受給者らに超高金利で違法な貸し付けをしたとされる事件で、「丸善商事被害対策弁護団」(北條正崇弁護団長)が19日、大和高田市で被害者説明会を開き、被害者ら約20人が参加した。
弁護団は、丸善商事の関係者らに厳しい取り立てをやめさせるとともに、
払い過ぎた金利や精神的苦痛などについて損害賠償請求訴訟を起こす方針で、参加を呼び掛けている。【高瀬浩平】

 事務局長の東海伸晃弁護士が訴訟について説明し、「多くの被害者が団結し、これ以上権利が侵害されないようにしたい。払い過ぎたお金を1円でも多く取り返したい」と述べた。

 参加者からは「保証人へ取り立てに行ったらどうしたらいいか」「借用書がない場合は」などの質問が出た。弁護団は「保証人は支払う必要はない」「借用書がなくてもあきらめないで」などと説明した。

 県警や弁護団によると、丸善商事は葛城市南花内の円丘桂子容疑者(42)=出資法違反と貸金業法違反容疑で逮捕=が経営。円丘容疑者は母親の杉田紀美子容疑者(69)と共謀し、08年4月~今年5月、生活保護を受給する大和高田市内の男性ら6人に対し、法定利息(1日当たり0・3%)を超える超高金利で、契約書を交わさずに金を貸した疑いが持たれている。

 問い合わせは、やまと法律事務所(0744・24・5315)。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア