忍者ブログ
[1007] [1006] [1005] [1004] [1003] [1002] [1001] [1000] [999] [998] [997]

DATE : 2020/02/25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2011/08/17 (Wed)
読売新聞の記事です。

結局、実態はヤミ金でもカード現金化商法を規制するのは困難だそうです。確かに今回検挙された現金化業者は、商品を送っていなかった=売買が架空であったからであり、行政書士が教える以下の方法を実践すれば、規制は難しいのだろう。

==== おさらい ===============
(1)価値判断が困難な自作の壺や絵画等を販売。
(2)複数の自作商品から選択させる。
(3)必ず商品は発送する。

 上間法務行政書士事務所 
 行政書士 齊藤 源久
=========================

しかし、このクレジットカードのショッピング枠現金化業者は闇金よりたちが悪いよね?今までの闇金は自分たちでもリスクを負っていたけど、こいつ等は全くリスクないよね?販売資金(貸付金?)はカード会社から間違いなく回収して、その後の貸し倒れリスクはカード会社持ち、おいおいそんなのでいいのか?何か対策打たないのかい?

そうなんです、カード会社が独自の対策を打てばいいんです!何十万もの買い物(?)ですよ、そうそう普通はないですよ。そういう物販が発生したら電話で確認すればいいんです。これだけで相当回避できるでしょう?

なんでも法律に頼るなよ、自分立ちでできることからやろうぜ!クソ見たいな業者も、債務者も追い出そうぜ!問答無用、腐った奴らは捨てて行こうぜ!




実態はヤミ金…カード現金化商法、規制は困難

 客にクレジットカードで商品を買わせ、キャッシュバック名目で現金を提供する「現金化商法」が、警視庁に初摘発されても続けられている。

 同商法は、年収の3分の1を超える借り入れを規制する改正貸金業法が昨年6月に完全施行されて以降、急増したが、最終的に自己破産に陥る利用者は後を絶たない。現行法では一律に貸金と認定して規制するのは難しく、専門家からは「法整備など抜本的な対策が必要だ」との声もあがっている。

 「ショッピング枠を現金化」「急場の資金策に最適」。東京都内の新宿や新橋などの繁華街には、今回の摘発後も、現金化商法の看板が数多く並ぶ。中には、今回の摘発を受けて、「もう続けられない」として営業を中止した業者(渋谷区)もあるが、新宿区内の雑居ビルに事務所を設け、現金化商法を行う業者は、「商品も色々あり、客が自由に選べる。あくまでも商品販売で、ヤミ金ではない。これからも続ける」と話した。

 日本クレジット協会(東京)などによると、現金化商法は改正貸金業法の施行を受け、消費者金融から現金を借りられなくなった人などを対象にこの1、2年で急増。おもちゃの商品を高値で購入させ、代金の8~9割の現金を口座に振り込む「キャッシュバック型」のほか、金券やパソコンなど換金性の高い商品を使った「買い取り型」もある。一時的に現金は手にできるが、最後はカード会社からの請求に追われる。


(2011年8月16日16時48分 読売新聞)

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア