忍者ブログ
[558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [549] [551] [548] [547]

DATE : 2020/02/29 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/05/23 (Sat)
切込隊長が面白いことを書いてます。
____________________

日本振興銀行への二重譲渡の件とSFCG資産流出問題について

(略)

 一般論ですが、ハイエナ系弁護士の問題というのはグレーゾーン金利を解決したい多重債務者などの救済を掲げておきつつも、SFCGに限らず他のノンバンク金融機関の現役社員や幹部を高い手数料でスカウトしたり委託したりして何らか顧客リストを引き出し、そこに「おたく、金利を払いすぎていませんか?」などと営業をかけて過払い返還訴訟を代行するなどして、非常な収入を上げてきた、という部分もあります。考えようによっては、顧客リスト流出を示唆したりして多少暗めのことも厭わない弁護士さんが多数おられた(ようだ)というのは、いつかどこかで総括するべきことなのかなと別枠では思います。違法ですから。サラ金や商工ローン問題は金融業者の適正化を進める上で解決すべき問題ではあるものの、今回のようにSFCGみたいなガチのグレーゾーンが出てきて千億単位で回収し損ねるというのは非常に恥ずべきことだなと感じます。

切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog
______________________

酷い弁護士がいるのですね・・・




ちょっと前までテレビCMは消費者金融が多くて、
なんだかんだと文句を付けられていましたね。

でも今は、

弁護士事務所の債務整理CMばっかり…

そのうち、

冠スポンサーの番組でも始めるんじゃない?

どうでしょうか、石丸センセ?

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★まつたくです。
NAME: ジョー
顧客リストを持ち出して法曹関係者に加担した役員・幹部など、中には数億単位で不当に利益を得た者も多数居るとかで.....
こんなんだから、やっぱりサラ金は....と思われても仕方ないでしょうね。会社の本質や体制にもよるでしょうけど。
また、法曹関係者もそうですが、単なる私利私欲だけと言われても仕方ないでしょうね。
URL 2009/05/23(Sat)12:55:12 編集
★ジョーさん
NAME: kilin
多重債務者の救済という大義名分があれば、何でも許されるような風潮はいただけないですね。
URL 2009/05/24(Sun)23:41:12 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア