忍者ブログ
[646] [645] [644] [643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636]

DATE : 2020/04/09 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/10/06 (Tue)
過払い返還請求トラブル急増…日弁連が異例の指針

 払い過ぎた借金の利息を取り戻す「過払い金返還請求」が全国で相次ぐ中、返還請求者と代理人となる弁護士や司法書士との間で、トラブルが増えている。

 多重債務者からの相談に対し、報酬が確実に見込める過払い金回収しか引き受けない弁護士や、返還金の9割近くを報酬として不正に受け取った司法書士も。日本弁護士連合会(日弁連)は、過払い金回収だけの受任はしないよう求める異例の指針を公表。民間団体も悪質な司法書士の実態調査に乗り出した。


http://www.yomiuri.co.jp/
__________________________

貧困ビジネスで一儲けですね。



木村達也弁護士の話「債務者を借金漬けの状態から解放し、健全な生活を取り戻させるために過払い金回収を活用しなければならない。ヤミ金や他の債務整理を受けず金もうけにまい進する一部の人たちの姿勢は情けない。プロとしての自覚を持ってほしい」
_________________________________

情け無いで済まさないで欲しいですね。

是非、自浄作用を活かして、
厳罰に処して下さい。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★常識ある司法書士
NAME: 時雨
は債務整理は請け負わない。
なぜなら、銀行との取引ができなくなるから。
常識的にメガバンク系の消費者金融など債務整理の介入情報はすべて筒抜けと考えるのが普通。
債務整理をした司法書士に仕事を依頼するとは思えない。
銀行・税理士事務所・不動産屋などと取引していれば安泰な仕事
事業の一般常識はいかに固定客(リピター)を確保するか。
債務整理の顧客は一度限り、今は利益を上げているかもしれないが将来的な展望はできない。
他にもいろいろ話を聞いたが友人の司書に一般常識があってよかった。
2009/10/07(Wed)20:54:20 編集
★無題
NAME: ROM男
最近の弁護士・司法書士は体力の弱った獲物を狙うハイエナのように映りますな。
2009/10/09(Fri)14:13:23 編集
★時雨さん
NAME: kilin
もう数年もしたら、過払い金バブルも尽きるでしょう。その時になって慌てても仕方ありません。
常識のない書士には、朽ち果ててもらいましょう。
URL 2009/10/12(Mon)22:44:52 編集
★ROM男さん
NAME: kilin
ハイエナも生きる為に必死ですからね。まぁこの場合のハイエナは、動物園の中でぬくぬくとしているハイエナですか?
URL 2009/10/12(Mon)22:52:24 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア