忍者ブログ
[156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146]

DATE : 2020/04/09 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/10/03 (Wed)

貸金業blogネタ多数←情報収集はコチラ 

Xディと予想された週末に、大きな動きは見えなかったが、
ここにきて不穏な状況が公になって来た。


■無担保無保証ビジネスローンのインター
自社のリリースに因ると、10月以降の約定返済について、
提携先金融機関に金融支援を要請しているとのこと。

具体的な内容は、
 1 年内は元金返済をしない、来年6月までは
   約定返済元金の半額を支払う、その後完済
   までは約定元金の7割を支払う
 2 金利を+0.5%上乗せする
 3 営業債権担保の追加差し入れを行う

 クレディアもそうだが、貸借対照表上に幾ら資産があろうと、約定に対する返済資源(現金)がなければ、返済約定を履行することは出来ず、破綻してしまうのである。

事実上、インターも破綻・債務整理に入ったと言っても過言ではないだろう


■消費者金融から脱却? NISグループ
いち早く国内消費者金融市場に見切りをつけ、海外特にアジア地域に目を向けているNISグループも、かなり厳しい状況が見え始めている。

日本格付研究所は9月27日、NISグループとニッシン債権回収の
格付けをBB+(ネガティブ)に引き下げた

これにより、市場からの直接調達は厳しくなるし、
当然、銀行からの融資も受けづらくなる。

果たして短期借入の返済目途はいかに?

----
 クレディアに端を発した業界各社への不安が、今後どのように影響していくのか。まだまだまったく先が見えない状況である。


貸金業blogネタ多数←応援クリック!

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 十人十色
どの会社も今や自転車操業状態でしょうね、しかも断崖絶壁の崖の淵を走っているという、借りて返してが出来るうちは良かったのでしょうが、クレディアの件で貸金業者に対する貸し渋りは更に強くなったでしょうね。
2007/10/03(Wed)22:17:30 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア