忍者ブログ
[764] [763] [762] [761] [760] [759] [757] [758] [756] [754] [753]

DATE : 2020/02/18 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/04/18 (Sun)
信用金庫の皮を被った貸金業者ですね。
中身はまるまる、クレディセゾン、、、
_______________________

フリーローンで融資開拓 北陸の信金 6月の貸金業規制で

 改正貸金業法が6月に完全施行されるのを前に、北陸の信用金庫で、金利は高いが融資審査が速いフリーローンを扱う動きが広がっている。改正法では消費者金融などを対象に借入残高が年収3分の1を超える貸し付けを禁じる「総量規制」が導入されるため、規制対象外の地域金融機関で新規顧客の争奪が激しくなりそうだ。
 にいかわ信用金庫は貸金業大手のクレディセゾン(東京)と提携し、9日に無担保、保証人不要のフリーローン「まるまるローン」の取り扱いを始めた。年9.8%または14.5%の固定金利で、本人確認の書類があれば、最短1時間で審査が済む。


http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20100416303.htm
_______________________

本当にザルな法律ですよね。
銀行、信金は総量規制対象外・・・

で、こういうスキームは貸金業者が
関与していても総量規制対象外

なんのための総量規制?

一昔前は、サラ金5社利用なんていったけど、
これからは・・・

信金5社利用で、多重債務地獄

ですね。わかりました、、、
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: あんとん
初めて拝見しました。
私は以前イ○○ーで働いてました。
ご多分にもれずリストラで・・・^^
今更って感もありますが、それでも言いたいことはたくさんあります。
このブログを拝見して少し溜飲が下がった思いがしました。ありがとうございます。これからもがんばってください!
2010/04/18(Sun)00:41:17 編集
★無題
NAME: 興味深々
まっ2年もすれば、
ステージを変えて同じことが起こりますよ。
銀行さんは、フリーローンとやらを
過去に何度もTRYしていますよね。
その度に…
得られる信用情報の範囲が格段に広がったとはいえ、貸す相手は今と同じなんだから。
出来ないことをやっちゃ~ダメなんじゃないのかな。
みんなで競うように貸し込んだところで「ボン!」と来るんですよ。
くれぐれも調子に乗らないで下さいよ~!
2010/04/18(Sun)20:55:10 編集
★あんとんさん
NAME: kilin
どうもはじめまして、励ましのお言葉に感謝します。
どーぞ伝えたいことがありましたら、この場を利用してください。
URL 2010/04/19(Mon)22:16:02 編集
★興味深々さん
NAME: kilin
自らリスクを抱えてまではやらないと思いますが、、、
元々自己資本の低い企業ですから、焦げ付き多発で取り付け騒ぎなんて・・・充分ありえる話しですね。
URL 2010/04/19(Mon)22:18:41 編集
★無題
NAME: tomo
リスクの高い貸し付けは消費者金融が行ない、銀行は預金者保護の点からリスクの低い融資だけを行なう。

よくできたシステムなのに壊してしまいました。

でも、そのうち銀行が、今の金利ではやっていけないから40%まで認めろとか言いだしたりして・・

消費者金融より政治力の強い銀行のいうこと、実現するかもしれません。
2010/04/22(Thu)00:50:39 編集
★無題
NAME: 興味深々
票が取れるなら、ありですね。

でも、
あったとしても、25%までと思うな~。
健全な利用者の利益に資するという組み立てを役所で考えてもらいしょうヨ。
2010/04/22(Thu)23:31:42 編集
★tomoさん、興味深々さん
NAME: kilin
それが国民の民意であれば、政治家は組むべきなんでしょうね。まぁ行き過ぎた部分は抑えてもいいでしょうが。
URL 2010/04/24(Sat)00:09:38 編集
★無題
NAME: tomo
事業者向け短期は40%くらいじゃないと無担保では貸せないという話を聞いたことがあります。私は貸金業者に勤めたことはないのでよくわかりませんが、本当にそうだとすれば、規制緩和しないとまずいことになりませんか? たしかに個人向けで40%だと返しても返しても減らないことになりそうですが、短期で返す事業者の場合は違うのでは? 以前は認められていた月3%が認められなくなり、正規業者が貸さなくなったために、中小企業がやむを得ずその何倍もの利子を取る違法業者に流れているとしたら問題です。ヤミ金は捕まるリスクがあるから金利が高くなってるという記事を読んだ記憶があります。

やや高いという金利を排除したために、中小企業がさらに高い金利のヤミ金に手を出すところまで追い込まれているとすれば、むやみに金利に制限を加えればいいというものでもない気がしてきました。

企業はもともと資金調達コストも考えて運営されているので、金利に対する考え方が個人とはだいぶ違うと思うんですよね。その辺を無視した改正貸金業法が本当にいいのか、実際に金融を利用している事業主や一般利用者の意見を聞いて議論をすべきではないでしょうか。
2010/04/24(Sat)23:26:37 編集
★tomoさん
NAME: kilin
貸金業法改正のすべてが途切れることなく消費者金融から借り続けている債務者を対象としています。零細企業経営者や自営業者のことは想定していません。そこはおっしゃるとおり問題ですね。
URL 2010/04/26(Mon)23:24:19 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア