忍者ブログ
[768] [766] [765] [764] [763] [762] [761] [760] [759] [757] [758]

DATE : 2020/02/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/04/21 (Wed)
仕事に対するプライドも、倫理観も
何にもないですね。。。 そんなに金が欲しいか?
______________________________________________

「過払い金」相談、弁護士の安直面談が横行…日弁連、指針強化

下請け・プライバシー無視

 過払い金返還請求に関する弁護士と依頼者のトラブルを防ぐため、日本弁護士連合会(日弁連)が依頼者との面談などを義務づけた指針を設けたのに対し、その趣旨に反する行為が相次いでいる。面談をほかの弁護士に任せたり、時間を惜しんで空港内の喫茶店で面談を済ませたりするケースがあるといい、日弁連は指針強化に乗り出した。

 日弁連によると、過払い金返還請求の急増に伴い、依頼者である多重債務者から「やり取りが電話やメールだけで面談してもらえない」との苦情が増えたことから昨年7月に指針を公表。全国の弁護士に順守するよう呼びかけたが、趣旨をないがしろにする行為が後を絶たないという。


読売新聞 関西
________________________

誰のための債務整理なんだろうか。
何の為の債務整理なんだろうか。

決して、弁護士や司法書士のためでは無いはず。

違うか?

指針を作っては抜け穴を探り、
相変わらずの拝金活動に勤しんでいる現状。

それっていったいどーなんでしょう?
そんな事ばかりしていて、充実感とかあるのか。

そんなレベルを目標にして、
難解な司法試験に立ち向かっていたのか。

それじゃぁ虚し過ぎるだろ。。。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: tomo
これ、逆にメールや電話で頼みたい場合もあるから日弁連が正しいとは限らない気がします。

大方、東京の弁護士事務所が電話やメールでも頼めるようにしたので地方の弁護士の客が減ったからそういうことにしたんじゃないですか?

はっきりいって利用者側から見れば弁護士事務所もネットで調べて電話とメールで選べれば便利ですよ。保険の契約とかも今はネットでできるし、お金を借りるのもネットで申し込めるのに、弁護士の業界だけ遅れている気がします。

電話やメールで頼めないし地元には弁護士がいないから仕方なくサラ金に返し続けている人もいるとか。借りたものは返すべきとはいっても、日弁連がサラ金をアシストしているのはなんか変な気がします。
2010/04/22(Thu)08:19:25 編集
★tomoさん
NAME: kilin
確かに利便性を考えると、時代と逆行しているかも知れませんね。ただ、問題視されるのは中身、安直な面談(中には弁護士との面談が無いケースも)がどーなの?って話し。電話だろうがメールだろうが、弁護士が親身になってしっかりと応対していれば、こうはならなかったと思いますよ。身から出た錆ですね。
URL 2010/04/24(Sat)00:14:20 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア