忍者ブログ
[331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321]

DATE : 2020/02/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/08/26 (Tue)
貸金業blogネタ多数←情報収集はコチラ

diamond.jp/feature/tuis/10001/
日本経済低迷の原因として“行政不況”を考える
ダイヤモンドオンライン

少し前の記事になりますが、これこそが常識的な意見だなぁと読んで感じたのでリンクしておきます。

-----------------------------------
中小零細企業や個人事業主の資金調達環境も非常に悪化しています。中小零細企業には、月末の決済に30万円、50万円という資金需要があり、突発的な少額の需要については、担保を必要としない消費者金融や事業者金融、銀行のクレジットローンなどを活用してきました。しかし法改正でそうした道が結果的に閉ざされ、状況は厳しくなっています。
-----------------------------------

お金は経済の血液です。

幾ら売掛があっても、現金(キャッシュ)が無くては生きていけません。今月の給料を来月まとめて払えますか?商売は基本的に1ヶ月単位で回っています。電気代の支払い、電話代の支払い、新聞代の支払い…。これまではそのつなぎ役を貸金業は担ってきました。

貸金業者も変わります。
リスクは負えません。

またコストに見合わないことはしません。
短期の融資は、割りにありません。

貸金業界だけでなく、全ての業界が、
ビジネスモデル転換が必要になるでしょう。

このブログは何位?←応援クリック!
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★金融テスト
NAME: マス
あなたは高い金利でお金を借りたらどうしますか?
A 高い金利で借りたら返せるわけない。
B 高い金利で借りたら早く返す。
勿論、正解はBである。
2008/08/26(Tue)18:28:41 編集
★マスさん
NAME: kilin
世間的にはAが正解だと思われているのでしょうね、特に後藤田のような経済音痴の政治家にはね。

金利が何%であろうと、おおよそ毎月の支払額は定額である。あとは期間の長短だが、1年なら返済可能で5年なら返済不可能とは言えない。高い金利だから返せないという論理は通用しない。
2008/08/27(Wed)00:07:52 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア