忍者ブログ
[510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500]

DATE : 2020/02/25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/03/23 (Mon)
非常に重要な記事なので全文引用です。

これこそ、極一般常識的な判断でしょう。


____________________

ダイヤモンドオンライン

過払い金の消滅時効の判決で、最高裁裁判官の一人が大反論

 3月3日、プロミスに対する過払い金返還請求の消滅時効をめぐる最高裁判所の判決で、ある異変が起こった。

 判決の内容は、1月22日の最高裁(東日本信販)と同様だ。つまり、リボルビングなど一連の取引では、取引が終了してから10年経過して初めて時効になるとの判決が下された。だが、一人の裁判官が真っ向から反対意見を述べ、「これほどの長文は異例」と関係者が驚くほどの反論が判決文に掲載されたのだ。

 反対の主な理由は、判決の解釈が限度を超えているというものだ。

 その解釈とはこうだ。まず、返済したおカネには利息制限法金利(15~20%)の超過分(過払い金)が含まれているが、この過払い金は次回の返済に充当する合意がある、という訳のわからない判例がある。この合意があるために借り主は、取引の途中ではなく、取引が終了してから返還請求を行なうという不思議なものだ。

 また、消費者金融側が主張するように、過払い金が発生する返済ごとに時効のカウントが始まるとすれば、客は取引期間中であっても時効の期限が近づくと、その前に返還請求してしまう。これではその時点で新たな借り入れができなくなり、先の合意があるにもかかわらず取引を終了させることに等しいというのが裁判所側の理屈だ。

 これに対し、くだんの裁判官は、契約時に返還請求する時期まで想定しているはずがない。また、返還請求できる権利を保持したまま、新たに借り入れする権利を守る必要があるのかと説く。加えて、数十年前までさかのぼって返還請求できることは、法的安定性を損なうという意見だ。

 水面下では改正貸金業法を見直す議論も進んでいる。その流れが加速する可能性もありそうだ。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 藤田章夫)





 最後の一文で、貸金業法を見直す云々とあるが、それは特別期待はしていない。現在の法律は多重債務者を生まない為に、必要な内容が充分に盛り込まれており、悲惨な悲劇を招かない為にも、これはこのままでよいと思う。

 それに本件は過払い金についての反論であり、貸金業法の運用についてではない。

 これを契機に、異常な判断が下された過払い金に関する判例が見直されることを願う。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 三好
過払い金請求が契約時にさかのぼって請求できるというのは、まさにおかしいわけで、完済した契約分も引き直すということ自体が異常だと思いますね。債務者は契約完済してあらたに借り入れ契約して金銭を受け取って、毎月の支払も契約に沿ってしていますから、それだけでも契約上の同意弁済や、利息制限法超過利息を知らなくても「暗黙の了解」の弁済事実が推定できますよね。そもそも貸金業観覧の判例だけ特別に偏頗裁判がまかり通っている。本当に契約上の法的安定が損なわれている。
2009/03/23(Mon)12:46:43 編集
★無題
NAME: マックス
全くとして三好サンの言う通りと思われマス!業者と顧客との確認の中で合意しているものである!
2009/03/23(Mon)13:24:21 編集
★三好さん、マックスさん
NAME: kilin
ご賛同、感謝です。
今後も地道な活動を続けていきます!
URL 2009/03/23(Mon)20:42:27 編集
★ようやく、
NAME: まーきん。
おはようございます。
最高裁にも、まともに考えることの出来る裁判官は残っていたのですね(笑)
私の記事に、阿呆丸出しのコメントを付けてきた債務者がいますが、こういった阿呆共の首根っこを捕まえて、返還させられた既払い利息の“再返還”が出来るぐらいには、ならないでしょうかね・・・(まあ、あり得ないでしょうが)
URL 2009/03/24(Tue)09:08:43 編集
★まーきん。さん
NAME: kilin
頭の中では解っていても、言葉に出す・行動するってことに躊躇してしまう裁判官は居たと思いたいですね。
URL 2009/03/25(Wed)12:47:10 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
めちゃくちゃ。
本当にこの国の司法も行政も、腐りきっています。 今度は、「相手が消費者金融だから」消滅時効まで無しにする気ですか? 最高裁と金融庁が放った“爆弾”消費者金融は消滅する!?~週刊ダイヤモンド Close Up http://diamond.jp/series/closeup/09_02_21_001/ 開いた口が塞がらないというより、もうどうしてこんな理不尽がまかり通るのか、こんな“めちゃくちゃ”な主張をして、恥ずかしくないのか、関係者の方のコメントを聞きたいものです。 既払い利息の返還請求(私は...
URL 2009/03/24(Tue)09:09:21
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア