忍者ブログ
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

DATE : 2020/02/18 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/10/01 (Sun)

消費者信用団体生命保険というのがある。
万が一債務者が亡くなったら、保険でその債務を返済するという仕組みだ。

私が勤務する会社は、団信に加盟していないので、上辺だけを見ればとても有意義なシステムだと感じた。

なぜならば、

借金は相続される

という事実が意外と認識されていないからである。

相続と言うと親が残した財産というイメージだが、借金もれっきとした財産(負の遺産)に該当し、金融会社は相続人へ督促にむかう。

借金の存在を知っていれば話は早いが、知らなかったときは最悪だ。

家族を亡くし落ち込んでいる所に、借金がありました ので相続人が払ってくださいと行くのである。そうなると大概は相続放棄の手続きをとり、債権が宙に浮き、めでたく貸し倒れ償却処理が可能になるのでる。

しかし団信に加盟していれば、保険会社から保険金が支払われ、めでたく債務は完済。何も知らない家族はそのまま何も知ることは無い。仏様も成仏できるだろう。

しかしここで問題になっているのが、

債務者が亡くなれば、楽々債権が回収できる

という仕組みだということだ。
それなので、一部業者が強引な取立を行い、債務者を死に追いやるのである。債権を回収すると言うことは、債務者の命を奪うと言うことだと思っている。初めはお客様の死に胸を苦しめるが、それが常習化してくると何も感じなくなるらしい。

当初の目的が、間違った方向に変わってしまっている。
それでは存在価値がない。

命を担保にされる事など、許してはいけない。

 

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア