忍者ブログ
[797] [795] [794] [792] [793] [791] [790] [789] [788] [787] [786]

DATE : 2017/12/19 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/06/14 (Mon)
過払い金返還で国賠請求=元貸金業者「規則通りに営業」-東京地裁

 金融当局の規則通りに貸金業を営んだのに、借り手から過払い金返還を求められ、多額の損失を被ったとして、盛岡市の貸金業者ユニワード(廃業)が14日までに、国に約2億7000万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を東京地裁に起こした。18日に第1回口頭弁論が開かれる。
 過払い金返還をめぐり、利息制限法の上限(年15~20%)を超えるグレーゾーン金利を容認していた行政の責任を、業者側が問う訴訟は極めて異例だ。
 ユニワードの代理人弁護士によると、同社は「違法な行政指導や監督に従った結果、返還を強いられた」と主張。2008、09年度の返還額を国に請求した。
 同社が問題視するのは、1983年に大蔵省(当時)が定めた旧貸金業規制法の施行規則。債務者に交付する書面の記載内容を緩やかに定めていたが、06年1月の最高裁判決は「規制法を逸脱しており違法」と指摘し、グレーゾーン金利の受け取りを厳しく制限する根拠の一つとした。
 最高裁判決を機に、貸金業者には返還請求が相次ぎ、経営を圧迫している。日本貸金業協会の集計では、08年度までの返還総額は少なくとも約2兆4000億円に上った。
 金融庁政策課の話 個別の裁判のことにはコメントできない。(2010/06/14-05:21)


時事ドットコム
____________________

注目の裁判ですね。。。

当然ですが、貸金業者ユニワードが勝ったら、、、
他者も追随して国家賠償を請求するでしょう。

まぁ当然です。



さてさて、裁判所はどう判断するでしょう。
判決次第で数兆円のお金が動きます!

ただ、

そこは判断材料にしてはいけない訳で、
過払いの責任がどこに、誰にあるのかが論点。

法令に違反した貸金業者に過失があるのか、
それとも法整備、指導を行った国家の過失なのか。

どんな結論になるのか、相当時間がかかるでしょうが、
じっくりと慎重に判断して欲しいですね。




期待しています!

頑張れ!ユニワード!


PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: ある街金
金融庁のダブルスタンダードが証明されえば、我々としても龍喉の下がる思いです。
2010/06/15(Tue)09:15:19 編集
★ある街金さん
NAME: kilin
それだけでも救われる気がしますね。
URL 2010/06/18(Fri)00:13:30 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア