忍者ブログ
[592] [591] [590] [589] [588] [586] [587] [585] [584] [583] [582]

DATE : 2020/04/09 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/07/08 (Wed)
貸金業法の改正が粛々と進み、

貸金業界からは不届きモノは弾かれて、
健全な業界へと変貌を遂げているのだが…。

弁護士や司法書士、一部の政治家は、
自身が正義の味方であるがために、悪役が必要な訳で。

貸金業、割販業の次にターゲットになったのが、
家賃保証会社、いわゆる追い出し屋さんだ。




私自身、家賃保証会社を利用したことも、
詳しい条件を聞いたことも無いので、

ここでどーのこーの書いていいのか、
ちょと躊躇してしまうのだが、

一般的な捕らえ方として、

家賃滞納してる方が、悪者だろ?って。

当然に言動、時間、場所など過剰な督促は禁止すべき。
鍵の付け替え、荷物の処分なども如何なものかと思う。

でもさ、

賃借人の態度が悪いから、そういう目に遭うんじゃない?
大家さんにちゃんと誠意みせたのかよ?

誠意ってさ、お金じゃないよ。

自分の現状、今後の予定・計画を事前に説明して、
支払猶予をお願いするってことだよ。


人間誰だって、困っている人は助けてあげたいさ。
でも、誠意の無い人って助けるに値しないよね。

業者を悪者にして、正義の見方を気取るのもいいけど、
それ以前に、仁徳について考えたほうがいいんじゃない。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★私も違和感を覚えます
NAME: おもろい夫婦・夫
こんな法案が通ると、「俺たちは法律で守られているんだから、家賃なんか払わないぞ」と、義務履行をせずに権利主張ばかりする輩が増えやしないかと心配です。

家賃を払わないことを原因とする明渡訴訟も結構時間がかかります(そもそも数ヶ月滞納しただけでは、契約解除の要素である「信頼関係の破壊」にもならないケースがある)。
ですので、こういった規制は必要ですが、他方、家賃不払者に対する罰則を設けるとか、明渡訴訟・強制執行の要件緩和・簡易迅速化を行ってほしいですね。

家主の中には家賃だけで生活している人もいます(特にご年配の方)。
借主側だけでなく貸主側のことも考慮した法案にして欲しいものです
2009/07/09(Thu)09:47:52 編集
★無題
NAME: 三好
家賃保証会社の対応は、マスコミの報道で知る限り、賃借人が酷い対応を受けて被害を受けているように書かれているが、もとは家賃の未払いや滞納、そして遅滞家賃の交渉後でも支払の不履行が原因で、それ相応の「追い出し」行為を受けている。
法的な手順を踏まずに「追い出し」を強行するのは違法というが、何でもかんでも法律家が言い出したものの勝ちのように「被害者」を装わせ正義感ぶるのが気に入らないが、貸金業界とは違って過払い金返還の旨みがないですから、家賃保証会社は、糠に釘のような賃借人と交渉するより、法律家を引きずり出して、家賃滞納の交渉の相手にさせて間接的に法律家を通して賃借人に滞納家賃の督促をさせたらいいんじゃないですかね。
法律家が入るなら、家賃の未払い交渉につき、解決の気があるなら、連帯保証人になっても被害者の救済に勤めるだけの技量を見せてくれないと、エセ社会正義の仮面が瞬く間に剥がれてしまうようなもの。
家賃滞納の交渉には、保証人の追加とか、家賃の滞納についても今後、遅れたら違約金をとるなどの特約を追加して(笑)
まあ、法律家は「追い出し」行為で損害賠償請求が目的で、その中からほうしょおを取りたいんでしょうがね。
それと、法律家は医療界にも目を向けて、数年前から医療過誤の訴訟を結構だしておるようです。医者側は、裁判沙汰で信用を落としたくないし、お金で解決するならと、割と標的になったいるようです。こう考えてみると、法律家は依頼者の利益を優先にするのが仕事と言えど、ある意味社会の頭痛の種をまき散らして仕事を得る厄介者としか評価できん。法曹の質の低下防止のため、弁護士の免許を更新制にして期日ごとに更新試験を受けるとともに、コンプライアンス研修の創設も必要だね。
2009/07/09(Thu)10:24:34 編集
★おもろい夫婦・夫さん
NAME: kilin
ご賛同、ありがとうございます。
本件は余りにも貸主に対して礼を失していますよね。
信用の低い人はその分苦労する。
当たり前のことなんですがね・・・
URL 2009/07/12(Sun)01:27:38 編集
★三好さん
NAME: kilin
 所詮は弁護士とて人の子、食う為にはどーにかして稼がないといけないってことなんでしょう。

 有能な弁護士先生は、企業の顧問になったり仕事には不自由しないでしょうが、三流だとこういった粗探ししかできないんでしょうね…。
URL 2009/07/12(Sun)01:31:14 編集
★まじめな人が得をしない国
NAME: パパ
なんかもう日本ってだめですね。
まともに仕事して税金払っても、それが報われない。
借りたものも返さず、
自分の最低限の義務すら履行せず、
弱者のふりをしてゆすり・たかりみたいなまねばかり。
そいつにかこつけて正義面するエセ善人。
本当の弱者が救われることが無い。
家賃滞納している人にもいろいろあると思うのに、
それを一括りにして保護してもなあ。
母子家庭とか無年金とかは保護するべきだが、
単なるニートなんか保護する必要ないだろ。
ぷらぷらしてて保護してもらえるなら、おれも仕事やめる。

ついでに、弁護士に依頼した時の費用を滞納しても保護してもらえる法律も作ってくれ。
全部踏み倒してやる。
2009/08/22(Sat)11:00:12 編集
★パパさん
NAME: kilin
本当に保護しなければならない人と、そうでない人としっかり区別しないといけませんよね。それが出来た上での規制、法制化が必要です。
URL 2009/08/23(Sun)01:11:19 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア