忍者ブログ
[594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [586] [587] [585] [584]

DATE : 2020/02/18 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/07/13 (Mon)
都議会議員選挙が終わりましたね。
自民党の惨敗・・・

これで衆議院議員選挙も結果が見えましたね。
さぁ民主党政権下では、貸金業はどーなるのか…

さて、日経新聞からです。
______________________

貸金業協会、会員が3割減 09年度赤字見通し

 2007年12月に発足した日本貸金業協会(東京・港)の会員数が約3割減少し、会費収入の激減で今年度の収支が赤字になる見通しであることが分かった。同協会は業界の自主規制機能を強化するため改正貸金業法に基づき設置されたが、急速な会員数減少で今後の活動に暗雲が漂い始めた。

 法改正による規制強化や利息返還請求の急増で、貸金業者の事業環境は急速に悪化し、廃業が相次いでいる。同協会の会員数は07年12月の発足時に4063だったが、今年4月には2841に減った。

______________________

そりゃそうだ。
SFCGも、いなくなったもんね。

でもさぁ・・・



日本貸金業協会としても、コレ位の会員減少は
予想の範疇なんじゃないの???

にもかかわらず、お金が無い!なんて言うのは、
おいおい、一体何にそんなに使ってるんだよ!

無駄遣いが過ぎるんじゃないの?

会員だってさ、苦しい中会費を納めているんだよ。
なんかさ、すげーホテルで研修やったりしてないか。

それ、いりますの?

身の丈わきまえた経営を心掛けなよなぁ。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★悪意の受益者ではない!
NAME: にこぶん
平成21年7月10日付、最高裁判決で、平成18年最高裁判決より前の貸付で、期限の利益喪失条項が記載されていることで、貸金業法第43条みなし弁済が認められなくても、それだけでは「悪意の受益者」とは認められない、過払い金は返しても、悪意の受益者としての年5%の加算は不要との判例が出ました。判例により、すでに過払い金とともに悪意の受益者とまで言われて年5%の賠償金を払った業者さん、弁護士や司法書士、個人の利息返還した債務者に「不当利得金返還」として年5%の賠償金は返してもらいましょう。
2009/07/14(Tue)15:09:16 編集
★無題
NAME: にこぶん
最高裁判所HP、判例速報にて出てます。
2009/07/14(Tue)15:14:52 編集
★にこぶんさん
NAME: kilin
いやー知らなかったです。
今日も、同様の判決が出ましたね!
これこそ当たり前の結論なんですけどね。
やっと、我々の正当性が認められましたね。
URL 2009/07/14(Tue)22:37:41 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア