忍者ブログ
[340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330]

DATE : 2020/02/23 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/09/11 (Thu)

貸金業blogネタ多数←情報収集はコチラ

中小零細企業の息の根止めた「貸金業法改正」
gendai.net/
「これで“最後の貸し手”を失ってしまった」そう肩を落とすのは、東北地方で建設業を営む50代の会社社長。取引のあった商工ローンから突然、100万円のつなぎ融資を断られたのだ。まさか自分が……。
 これまで突発的なつなぎ資金を商工ローンや、個人名義で口座を持つ消費者金融に頼ってきた。今さら銀行から資金調達できるワケがない。差し出す担保がないからこそ、高金利を承知で商工ローンや消費者金融から借りて資金繰りをつけてきたのだ。最後のトリデを失った社長は今、「会社をたたむか、ヤミ金に手を出すか」で真剣に悩んでいる

 金融庁で法制定を仕切った総務企画局の大森泰人参事官(50=現・企画課長)は当時、こう豪語したという。「我々は10年後に歴史的な評価を受ける」だが、役人の名誉のために、多くの中小企業が犠牲となっているのが実情だ。

----------
資金繰りにお困りの方々。

何処に文句を言えばいいか、お分かりですね?
貸金業者じゃないですよ。

金融庁です。
電話番号 03-3506-6000

果たして、10年後に受ける評価は?
歴史上もっとも愚かな法改正…

このブログは何位?←応援クリック!
 

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: リーマン
バブルの頃の総量規制といい、10年後に逆の意味で歴史的評価を受けるのでしょうね。
2008/09/11(Thu)23:39:26 編集
★無題
NAME: ジョ-
昨日の経済新聞の天下り数を見て、僅かばかり減少したのみ。
低所得者や中小企業、個人企業なんて眼中に無いと言う事です。
自分さえ良ければの行政ですから失敗は失敗であらずでしょう。
自らの行政でさえ監督しきれない官僚・政治家が票取りの為だけの考えで更に低所得者や企業を苦しめていると言う事を周知でやっているんですから呆れたものです。
URL 2008/09/12(Fri)09:33:11 編集
★役人天国
NAME: kilin
役人の役人による役人のための政治
by大森泰人
URL 2008/09/12(Fri)12:59:38 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア