忍者ブログ
[1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102] [1101]

DATE : 2020/02/18 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2012/02/19 (Sun)
貸金業の市場が縮小しています。

それは、貸金業者の収益が

減っただけではありません。

そこで働く人たちが減ったこと。

そこが支払った家賃や広告費が減ったこと。

そこが収めていた税金が減ったこと。

様々な影響が多方面にあったでしょう。

で、

変わりに成長しているのが、

銀行による無担保融資と、

合法的?ヤミ金市場。


確かに貸金業界はやりすぎた。

反省は必要である。

だがしかし、ここまで市場を崩壊させ、

再構築を図る必要があったのだろうか。


今あるこの状況で、世間の幸福感は、

満足感は上がったのだろうか。








消費者ローン減少続く 11年末残高22.7%減

 日本貸金業協会が17日発表した2011年末時点の消費者向け無担保貸付残高は5兆6279億円となり、前年末より22.7%減少した。集計を開始した07年から減少が続いており、07年末(13兆7千億円)と比べると6割減った。借入総額を制限する改正貸金業法が完全施行された10年6月以降、減少傾向が強まっている。

 業態別では消費者金融が19.7%減の2兆5538億円、カード会社が24.8%減の3兆612億円だった。借入総額を年収の3分の1に抑える総量規制の導入後に一部の消費者は借り入れができなくなった。協会の調べによると、利用者の約2割が希望通りの借り入れができなくなった。

 消費者金融市場が縮小する一方で、総量規制の対象外となる銀行による無担保融資は徐々に拡大。消費者金融大手も銀行融資の保証業務に力を入れており、昨年12月末時点のプロミスとアコムの保証残高はともに前年比8%伸びた。

 ただ、消費者金融市場の縮小を補うほどには広がっておらず、資金繰りに困ってヤミ金に流れる消費者が増えているという指摘もある。

日本経済新聞

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: 元街金A
なんら変わりません。自殺者の数が減ったわけでもなく。万引きやひったくりが減ったわけでもなく。
虐待などの数が増した感じです。
2012/02/20(Mon)09:54:51 編集
★元街金Aさん
NAME: kilin
感覚としては、世知が無い時代になったと思います。こんなんでいいんでしょうかね。
URL 2012/02/20(Mon)20:42:24 編集
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア