忍者ブログ
[716] [715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706]

DATE : 2020/02/29 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/01/27 (Wed)
「貸した金返せ」親に言えず

 30代主婦。夫は転勤族。子どもがいます。相談は飲食業を営む実家のこと。
 私は独身の頃から親に頼まれて月末に何万円か貸し、後で返してもらうといったやりとりをよくしていました。結婚後は、親が電話で無心してくる額が50万、100万と大きくなりました。
 親は人間的には嫌いになれないタイプ。困っているならと貸してきました。しかし夫に知られ、貸すたびにけんかになります。
 2人目の子が生まれてからは「もう貸せないよ」と親にはっきりと言ったところ、無心はなくなりました。ただし貸したままの300万円がまだ返ってきません。いずれ家を買おうと少しずつためたお金。本当はすぐに返してほしいのです。でも親を前にすると強く言えず、悩んでいます。「親を助けるのは当たり前」と言われてきたので、切り捨てることができません。
 親とどう付き合っていけばいいのでしょう。「お金を返して」と言っても親は傷つかないでしょうか。(東京・I子)


読売新聞
__________________

人生相談ですね。

私は一言、「あきらめなさい」


お客さんに保証人を立てるようお願いしたとき、

身内にしか頼めないって人と、
身内には絶対に頼めないって人に分かれる。

この両者、真逆のようで実は同類。

身内には迷惑を掛けたくないか、
他人には迷惑は掛けたくないってこと。

つまり、誰を犠牲にするかって結論。
今回は、身内(相談者である娘)が犠牲になった。

それはもう仕方の無いこと、すんだこと。
それをとやかく言っても仕方が無い。

このご時勢で飲食業&娘に無心って、
完全にヤバイよね...9回裏2アウト。

弁護士のアドバイスは、親に念書を書かせると。
それはちょっと酷なんじゃないかな・・・

自分の生活を犠牲にしてまで助ける義理は無いって、
いやいや、親の犠牲の上に子の成長があるだろ!

ここは債務免除しかないでしょ。
それでお金以外の面で手助けしてやること。

いつまでも親は親であり、子は子なんだよ。

どうか、この思いが相談者に届きますように・・・
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア