忍者ブログ
[790] [789] [788] [787] [786] [785] [784] [783] [782] [781] [780]

DATE : 2020/02/18 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/06/01 (Tue)
結婚して3年… /奈良

 結婚して3年。小遣いのやりくりがすっかり板に付いた。連日飲み歩くのは無理だが、値上げ交渉に駆り立てられるほど厳しいわけでもない。ただ、つい飲み過ぎて資金繰りに窮することもある。そんな時はクレジットカードを使うが、使途や金額は妻に報告する。少々面倒でも家族内の信頼関係は大事にしたいと思う。

 貸金業者からの借入額を年収の3分の1以内に制限する改正貸金業法の完全施行が迫る。収入のない専業主婦(夫)が借りられなくなることを理由に、施行凍結を求める声は根強い。

 家族に秘密で借金し続けるのは健全な家族の姿ではないだろう。規制強化を夫婦間の話し合いの契機と考えたい。(大久保)


http://mainichi.jp/area/nara/
___________________

本来、借金はするべきではないと思う。

貸す側に居る人間が何を言うかだが、
自分とて普段は借りる側の人間である。

出来ることなら借金など、一円もしたくないし、
利息など、一円とて払いたくは無い。

しかし、時と場合によってはそうならない。
借りることのメリットが、利息を超える場合だ。




そもそも借金とは何か。

将来稼ぐであろうお金を前借りすることと言える。
つまりは利息とはレンタル料、使用料だ。

使用料以上のメリットが享受されるのなら、
積極的に活用すべきだし、そうでないなら使わない。

また、使用後はしっかりと返さなくてはならない。
返せないなら借りてはいけない。

収入の補填で使用する人が居るが、そもそも収入不足、
返せる当てがもともと無いではないか。

家族や他人に対して見得を切る為の借金。
それほど馬鹿馬鹿しいものもない。

等身大で生きていけばいいんじゃないか。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: ある街金
車のローンも借金。買い替え続ければ、その間ずっと「借金」の線路は続く。借金は悪ではない。借りる側はその借金を「活き金」にするのか、浪費(消費)にするのかが問題。自分に投資する、というのも語弊があるかもしれないが、借りたお金で自分に投資し、数か月後に借りた元金とお礼(利息)を支払ってくれれば、私はそれで十分満足です。
2010/06/03(Thu)08:27:11 編集
★ある街金さん
NAME: kilin
生きた使い道をするか、死に金にするか、最終的には債務者の判断ですが、貸す側も相談にのる体勢は必要ですね。
URL 2010/06/03(Thu)23:49:41 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[04/08 ヒロ]
[03/27 くまちゃん]
[01/21 三好]
[01/21 三好]
[12/27 ☁☁]
[11/17 最近まで。]
[11/16 GTO]
[10/26 現役]
[10/21 熊]
[09/26 ダイハツ太郎]
[09/15 NONAME]
[09/14 NONAME]
[09/12 現役]
[09/11 kilin]
[09/11 NONAME]
忍者アナライズ
フリーエリア